腸内フローラ ダイエット

腸内フローラとダイエットの関係とは

腸内フローラとは、腸内に生息をしている細菌が集まった状態のことです。腸内の善玉菌が多い状態の時は、便やおならの臭いが気にならないことが多く、悪玉菌が増えると便やおならの臭いが強くなったり、肌荒れの原因になってしまったり、ダイエットを心掛けていても痩せにくくなります。

 

腸内フローラの善玉菌を増やすためには、漬物やキムチ、納豆、味噌などの乳酸菌を含んだ発酵食品を食べるようにしたり、和食中心の魚や緑黄色野菜、海藻類などを使った食事を心掛けるようにして下さい。

 

洋食などの油脂や肉類を多く含んだ食品は、腸内フローラの悪玉菌を増やしてしまうため、腸内が発酵しやすくなったり、ガスが溜まりやすくなるので、腸内の環境が悪くなってしまいます。

 

ダイエットを成功させたいと考えている人は、普段から適度な運動を心掛けるようにしたり、乳酸菌を含んだサプリメント類を摂取すると良いでしょう。腸内の善玉菌が増えると、腸内の働きが良くなってくるため、便秘を改善しやすくなります。

 

便秘を改善することで、体の免疫力を高めることができるので、ダイエット効果があるだけでなく、肌荒れを改善したり、健康維持に役立てることができるので、食生活を見直す必要があります。"